整体師が教える妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作りは、1日にしてならず。
整体師のお仕事をしていると、不妊改善方法として整体を受けたいと言うお問い合わせもあります。

 

不妊改善に整体も役立つんですよ^^

 

今回は、自分で出来る整体(ストレッチ)以外にも生活習慣でどんな事を気をつけるべきかお伝えします。

 

赤ちゃんができやすい体づくりに挑戦

妊娠したい。そして赤ちゃんに会いたい。ママになりたい。
そんな時、自分の体を知ることは大事です。果たして自分が無事に妊娠できるのか。
妊娠するためにはどのような準備をすればよいのか。
そして、どんな体だと妊娠しやすいのか。さらには効果的なストレッチを紹介します。

 

骨盤の歪みを正そう

女性の子宮は骨盤の中にあります。骨盤自体が歪んでいると子宮への血流が悪くなったり
子宮が正しい位置でなくなったりして、妊娠しやすいとは言えません。
鏡の前にまっすぐ立ってみましょう。どちらかの肩が上がっていませんか?
横になってみて、腰の部分にこぶしが入るほどの空間ができていませんか?
このような場合は、骨盤が歪んでいる可能性があります。
そこで、骨盤を正しい位置に戻すストレッチを紹介します。

 

1.骨盤ストレッチA

(1) 仰向けに寝ます。そして膝を立てて両手を広げます。
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ

 

(2) 膝をつけたまま右へ倒して30秒キープ
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ

 

左へ倒して30秒キープ
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ
この時、膝はなるべく床につけるように意識しましょう。

 

(3) 朝晩、左右3セットすると良いでしょう。

 

2.骨盤ストレッチB

(1) うつ伏せに寝ます。足は肩幅に広げ、膝を90度に曲げます。
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ

 

(2) 足を右へ倒して30秒キープ
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ
左へ倒して30秒キープ

 

妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ
この時、足先がなるべく床につくよう意識しましょう。
(3) 朝晩、左右3セットすると良いでしょう。

 

3.骨盤ストレッチC

(1) 仰向けに寝ます。
(2) 片足を曲げて膝を胸につけるようにして30秒キープ
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ

 

(3) 反対側も同じようにして30秒キープ
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ

 

(4) 両足を抱え込み、胸につけるようにして30秒キープ
妊娠しやすい体づくりに挑戦!整体師がイラスト説明@効果的なストレッチ

 

(5) これを1セットとして朝晩2回行いましょう。

 

以上3つのストレッチを毎日続けることで、骨盤を正しい位置に戻せます。

 

 

基礎体温を測ろう

女性は基礎体温を測ることによって、正しい生理周期か確認することができます。
基礎体温とは、婦人体温計で起床時に測る体温のことです。
婦人体温計はメモリが通常の体温計よりも細かく、体温の変動がわかりやすくなっています。
薬局や通販で購入できますし、機能の良い体温計では自動的に体温を記録できます。
個人差はありますが、通常女性の生理は約28日周期で起こります。
そのうち、高温期が約14日間、低温期が約14日間ずつ続きます。
毎朝きちんと基礎体温を測ると、生理が始まる時に体温が下がります。
生理が始まった日が低温期1日目というわけです。
そして、低温期が約14日続いた後高温期になります。その高温期に移る頃に排卵が起こるのです。
基礎体温を測り、表を作ることで自分の生理周期を正しく知ることができます。
しかし、人の体は機械ではありません。
基礎体温表に低温期や高温期がはっきり見られない場合は、ホルモンの分泌異常や無排卵である可能性があります。
気になる場合は、基礎体温表を持参して専門医を受診しましょう。

 

ストレスのない生活を

日々の生活の中で、人は様々なストレスにさらされています。
ストレスを感じると、脳にある視床下部からの生殖ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。
そのため、生理周期が乱れたり排卵機能が低下したりします。
結果、ストレスが不妊症に繋がることも・・・
ゆっくりとお風呂に入ったり、適度な運動を取り入れたりしてストレスを解消したいものですね。

 

規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事

基本中の基本ですが、睡眠不足や栄養不足では妊娠しやすい体とはいえません。
女性の生理周期を正しくするためには、普段の生活にリズムとつけることが大切です。
人間には体内時計と言うものが備わっています。
そして、正しくホルモンが放出されることによって、生理周期が整います。
しっかり排卵できるように、規則正しい生活を心がけましょう。
また、栄養バランスも大切です。
正しい排卵を促すためには、血液循環を良くすることです。
脂肪分の多い物ばかり食べていると、コレステロール値が上がりドロドロ血液になってしまい、血液循環が悪くなってしまいます。
たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルのバランスがとれた食事を心がけましょう。
妊娠1ヶ月前から健康補助食品での葉酸摂取が、厚生労働省で推奨されています。
実際に、1ヶ月前と言われてもいつ妊娠するのかはわからないので、妊活を開始したら葉酸サプリの購入を検討するのがおすすめです。
ただ、市販の葉酸サプリは40種類以上もあるので、選ぶのに困ると思います。
葉酸サプリ比較表などを参考にして、あなたにピッタリの商品を選びましょう

 

まとめ

妊娠を目指すことをきっかけに、普段の生活を見直してみましょう。
健康でいてこそ妊娠しやすい体と言えますし、安心して妊娠できることと思います。
そして元気な赤ちゃんを迎えられる準備をしましょうね。

 

 

更新履歴